代表・指導員紹介




空手道 天志道場
代表師範 竹中洋一



天志道場HISTRY

※天志道場創設〜現在の歴史
師範の想いを書き綴っています


【プロフィール】


・1966年(昭和41)、大阪府豊中市生まれ

・1983年(昭和58)、フルコンタクト系の空手道場に入門

・1984年(昭和59)〜1991年(平成3)までフルコンタクト空手の競技選手として
 オープントーナメント全日本空手道選手権をはじめ、各種大会に出場

・1990年(平成2)、柔道整復師の国家資格取得。地元で整骨院を開業し、
日々の患者さんの施術とともにスポーツトレーナーとしても活動し、学校クラブなどに指導に伺う。

・1996年(平成8)、現道場の元となるジュニアの空手道場「子ども空手教室」を治療院内にて開設

・2001年(平成13)、稽古場所を岡町への移転を機に道場名を「空手道 天志道場」とする

・2004年(平成16)4月、東豊中道場開設

・2004年(平成16)9月、東豊中道場に一般部開設

・2005年(平成17)4月、中豊島道場開設

・2008年(平成20)4月、東豊中道場の移転に伴い、豊中市夕日丘に本部道場開設

・2016年(平成28)4月、道場開設20周年を迎える

・2017年(平成29)6月、高川道場開設

空手道を通じ、道場生の心技体のレベルアップに務めるとともに
自身も一空手家としてより高みを目指し、道場生たちと研鑽の日々を送っています


40代半ばを過ぎてから、マスターズ世代のトレーニングについての研究を開始し、
自分自身をモデルとして、トレーニングを実践しながら、2013年、23年ぶりに競技にも復帰。
2015年7月、のぶなが杯空手道選手権大会にて優勝を果たす。
2015年12月、マス大山カップ全日本空手道選手権大会 マスターズ70kg未満の部 優勝
さらなる可能性を追求するために、日々研究、実践の毎日です。


※日々研鑽
 

 

※道場生と空手をエンジョイ!!
 

※試合へのチャレンジ
 

  
15年7月、のぶなが杯空手道選手権大会優勝 
15年12月、マス大山カップ全日本空手道選手権大会 マスターズ70kg未満の部 優勝

※スリランカの空手道場より依頼を受け、指導にも行っています。










※空手で町を元気に!!少年部の子どもたちと地域のイベントや
デイサービスに伺い、演武を披露。地域の元気づくりの活動にも取り組んでいます。







※空手一家の師範ファミリー。家族みんなで空手を楽しんでいます!!




【活動暦】

・天志道場代表、元整骨院院長

・柔道整復師



指導員


   
師範代

内藤雄二 3段

新千里道場、本部一般部指導


少年部保護者から一般部に入門。持ち前の熱心さと努力で
着実に実力を高め各大会においても入賞を果たし、
2015年にはマスターズの全日本チャンピオンになるなど
"お父さんの星"として活躍

2015年12月、全日本極真空手道選手権大会
ヤングマスターズ70kg未満の部 優勝
2016年 9月、真樹道場全日本空手道選手権大会
ヤングマスターズ軽中量級 3位
2017年7月白蓮会館全関東空手道選手権
マスターズ軽中量級 3位
2017年12月白蓮会館全関西空手道選手権大会
マスターズ軽中量級 準優勝
2018年2月八尾市フルコンタクト空手道交流大会
マスターズ 70キロ未満クラス優勝
2018年3月国際オープントーナメント・カラテグランプリ2018
マスターズ軽量級優勝
2018年9月ロシアで開催されたKWF極真ヨーロッパ選手権に
マスターズ日本代表として出場

   

竹中久美子 初段

本部キッズ・少年部指導
レディース空手エクササイズクラスインストラクター

高校時代は少林寺拳法部に所属し、全国大会準優勝の経歴を持つ。
3児の母でもあり、楽しく明るく元氣良くがモットーです
少年部では熱い指導で、子供たちのエネルギーアップに
レディース空手エクササイズでは、元気で輝く女性のサポートに努めます!

   

竹中丈平 初段

本部道場指導

小学1年生より空手を始める。  高校時代に部活動で行っていた
伝統派空手で  磨いたスピードとステップワークを活かし、
ポイントルールの大会にて多くの入賞歴がある。
コミュニケーション能力が高く、世代の近い少年部の生徒たちからは
「ジョー先生」の愛称で人気者です。
趣味:バイク(大型免許取得)
2010年北摂空手道選手権3位
2012,13年紫空連空手道選手権準優勝
2013年紫電流空手道選手権準優勝
2014年紫電流空手道選手権3位
2015年紫空連空手道選手権3位

   

竹中そら 初段

本部道場指導

幼稚園から空手を始める。フワフワした"天然系"の性格ながら、
いざ組手となると、独特の角度から放たれる見えない蹴り技は脅威的。
中学3年生頃から試合でも頭角を現し、ポイント&KO全国大会で3連覇、
フルコンタクトルール全日本大会で3度優勝、
これまでに8度の全日本大会優勝の記録を持つ。
2011,13,14,15年全日本少年少女空手道選手権優勝
2012,13,15年JAPAN GAME全日本空手道選手権優勝
2016年国際空手道選手権準優勝
2012年全日本少年少女空手道選手権3位
2014年JAPAN GAME全日本空手道選手権3位
2018年ポイント&KO全日本空手道選手権大会優勝
2019年ポイント&KO国際空手道選手権優勝

   

内藤寛子 初段

新千里道場指導

息子、夫に続いて自身も子どもの頃から興味のあった空手を始める。
運動未経験のお母さんが、コツコツと稽古を続け、試合にも出場し、
入賞するなど当道場の女性空手家の良きお手本となっている。
2015年紫空連空手道選手権一般女子の部3位




   
山本雄輝

岡町・高川・中豊島道場指導

三重県四日市市生まれ
地元三重県にて中学校の教師(社会科・陸上部顧問)を務め、
一身上の都合で退職した後、竹中師範との縁があり、
道場の理念や指導方針に共感し、天志道場に研修生として入門する。
いつも全身全霊全力の熱血指導とちょっとおとぼけの愛嬌で
天志道場の愛されキャラでもある。
2019年紫電流空手道選手権優勝
・武道歴
硬式空手道(指導補佐)
テコンドー(同志社大学 テコンドー部 副主将)